「純粋理性批判」の末尾にも、ヒュームへの言及があった。
 高峯一愚氏の解題によれば、1781年の「純粋理性批判」第一版の出版後、1782年にガルヴェ=フェデルによる批評が書かれ、カントは1783年の「プロレゴメナ」でその批評に反駁したという。

http://www.zeno.org/Philosophie/M/Kant,+Immanuel/Kritik+der+reinen+Vernunft/II.+Transzendentale+Methodenlehre/4.+Hauptst%C3%BCck.+Die+Geschichte+der+reinen+Vernunft
Kant, Immanuel
Kritik der reinen Vernunft
II. Transzendentale Methodenlehre
4. Hauptstuck. Die Geschichte der reinen Vernunft
Der transzendentalen Methodenlehre viertes Hauptstuck
Die Geschichte der reinen Vernunft

[710] Was nun die Beobachter einer szientifischen Methode betrifft, so haben sie hier die Wahl, entweder dogmatisch[711] oder skeptisch, in allen Fallen aber doch die Verbindlichkeit, systematisch zu verfahren. Wenn ich hier in Ansehung der ersteren den beruhmten Wolff, bei der zweiten David Hume nenne, so kann ich die ubrigen, meiner jetzigen Absicht nach, ungenannt lassen. Der kritische Weg ist allein noch offen. Wenn der Leser diesen in meiner Gesellschaft durchzuwandern Gefalligkeit und Geduld gehabt hat, so mag er jetzt urteilen, ob nicht, wenn es ihm beliebt, das Seinige dazu beizutragen, um diesen Fussteig zur Heeresstrase zu machen, dasjenige, was viele Jahrhunderte nicht leisten konnten, noch vor Ablauf des gegenwartigen erreicht werden moge: namlich, die menschliche Vernunft in dem, was ihre Wisbegierde jederzeit, bisher aber vergeblich, beschaftigt hat, zur volligen Befriedigung zu bringen.

カント「純粋理性批判」(河出書房)
二、先験的方法論
第四章 純粋理性の歴史

B884 A856
 ところで学的方法の遵奉者に関しては、彼らはこの方法において独断的であるが、懐疑的であるかを選ばねばならない。しかしいずれにしてもその仕方が、やはり体系的であることを義務づけられている。わたくしがここで、独断論者に関しては有名なをウォルフを、懐疑論者としてはデヴィド・ヒュームをあげるとすれば、その他は今のわたくしの意図に関してはあげるを要しない。なお残されている道は批判的方法のみである。読者がこの道をわたくしとともに遍歴する好意と忍耐とを持っておられたとすれば、今や判断していただけることと思う。この小径を大道たらしめるために読者がその力を寄与することを惜しまれないかぎり、数世紀にわたって成就できなかったこと、すなわち人間の理性がその知識欲をもってつねにとりくみながら、しかも今まで無益に終わっていたことがらにおいて、人間の理性を完全に満足せしめることが、なお現世紀の過ぎ去らないうちに達成できないであろうかということを。

高峯一愚「解題」
その代表的なものは、この書に加えられた最初の公けの批評、一七八二年一月十九日のゲッチンゲン学報に載せられた匿名批評で、これはライプツィヒ大学の通俗哲学者ガルヴェ(Christian Garve 1742―1798)の手に成るものを、ゲッチンゲン大学の同じ通俗哲学者フェデル(Johann Georg Heinrich Feder 1740―1821)が学報編集者として加筆短縮したもので、ガルヴェ=フェデルの批評といわれているものであるが、カントはこのような批評をまことに心外とし、あたかも執筆中であった『プロレゴーメナ』(『学として生じうべきいっさいの将来の形而上学のための序説』"Prolegomena zu einer jeden kunftigen Metaphysik, die als Wissenschaft wird auftreten konnen." 1783)に注と付録とを加えて、この批評をはげしく反駁した。