柄谷行人を解体する

       
2021/3/12 『柄谷行人対話篇1 1970−83』講談社文芸文庫
2021/1/25 柄谷行人『ニュー・アソシエーショニスト宣言』作品社
2020/11/12 『柄谷行人 発言集・対話篇』読書人
2020/1 柄谷行人『哲学の起源』岩波現代文庫
2019/2/20 柄谷行人『世界史の実験』岩波新書
2016/4/20 柄谷行人『憲法の無意識』岩波新書
2015/1/16 柄谷行人『世界史の構造』岩波現代文庫
2014/7/24 柄谷行人『帝国の構造 中心・周辺・亜周辺』青土社
2014/1/20 柄谷行人『遊動論 柳田国男と山人』文春新書
2003 Kojin Karatani
2002/11 柄谷行人「ファンサイトの何が問題なのか」ASK ACCS
2000-2003 NAM
1961-1969 1970-1979 1980-1989 1990-1999 2000-2009 2010-2019 2020-2021

 「ジャック・デリダ講義録 ハイデガー―存在の問いと歴史 1964―1965」(亀井大輔・加藤恵介・長坂真澄訳、白水社)を読み始めた。  ハイデガーは「存在と時間」第六節においてのみ、解体について説明しているという。  「存在と時間」(1927年初版、1963年第10版)の…
>>続きを読む

柴田望氏から届いた。 今回のフラジャイルは、花崎皋平氏の2007年の文章の頁数が多いようだ。 花崎皋平は「ドイツ・イデオロギー」の訳者として知ったので、詩人でもあるというのは意外だった。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E5%B4%8E%E7%9A%8B%E5%B9%B3 僕につ
>>続きを読む

709考える名無しさん2021/04/26(月) 23:49:16.220 Pierre Riviere なんかこのサイトを読むと、makorinさんがよく話題にする山崎行太郎という人物は 福田和也と慶應の先輩であって、文壇バーの風花で、絓秀実を殴っていたという過去 が出てきましたねw https://yokoimoppo.h
>>続きを読む

312考える名無しさん2021/04/26(月) 10:33:31.540 Makoto Sasaki 東京新聞はこの時なぜか柄谷が書評、この前松本が書評。 旭川の図書館に東京新聞、中部経済新聞はなし https://www.tokyo-np.co.jp/article/46313 西暦二〇三〇年における協同組合 柏井宏之、樋口兼次、平山
>>続きを読む

258考える名無しさん 2021/04/22(木) 11:43:56.770 Makoto Sasaki ピエさんはスガ氏と何度か会ってたのかな 2日前 Pierre Riviere いや会ってたどころかもともと友達ですよw 2日前 Pierre Riviere まー 元々は友達のように付き合ってたというかなww 2日前 Makoto Sasa
>>続きを読む

 枡田啓三郎の「世には理性の能力を超えたものがあり、その前では理性は立ちどまって他の力に、つまり信仰に、席をゆずらねばならぬ」という言葉も、柄谷行人が最近、語っている霊、宗教を思い起こさせる。  「自己の能力を超えたものを認識しうるとする」のが、形而上学だ
>>続きを読む

 ヒュームが、奇蹟と理性について語っていて、やはり、柄谷行人の「貨幣に霊の力がある」という言葉を思い出す。  柄谷の言葉は、理性ある人には理解が難しい。貨幣が誕生以来、その力が継続している事が奇蹟であり、理性によって理解する事はできないのかもしれない。  
>>続きを読む

 枡田啓三郎、野田又夫が、カントとヒュームの関わりに言及している。  前者は、リスボン地震、スウェーデンボルグも出てくる。  カントは「視霊者の夢」で「霊界のような超越的世界の認識は、不可能で不必要である」と言っていたという。柄谷行人は、現在「貨幣には霊の
>>続きを読む

 「純粋理性批判」の末尾にも、ヒュームへの言及があった。  高峯一愚氏の解題によれば、1781年の「純粋理性批判」第一版の出版後、1782年にガルヴェ=フェデルによる批評が書かれ、カントは1783年の「プロレゴメナ」でその批評に反駁したという。 http://www.zeno.org/Ph
>>続きを読む

 カント「純粋理性批判」に、Humeという言葉は9回出てくる。  http://www.gutenberg.org/cache/epub/6343/pg6343.html.utf8  カントは、経験(観察)以外は認識できないというヒュームは理性の地平(限界)を限定できなかったが、批判によって先天的な無知を探求する事
>>続きを読む